のぶ吉の車日誌

のぶ吉の車日誌へようこそ(⌒∇⌒)車に関する様々なことを緩く書いていきます。

【考察】MT車の復活について考えてみる。

<

新車のMT車はしっかり存在する。

 現在、日本の公道を走っている車の99%がAT(オートマチック)車ですが、ここにきてMT車が設定される車種が増えています。「カローラスポーツ」や「新型ジムニー」、今話題の「Mazda3」などです。海外メーカーではBMWやアルファロメオ、アストンマーティンなどなど・・・。

 探してみると実はMT車がある車種は多いかもしれないですね。

 この快適で楽な移動が求められる時代にあえて設定されるということは、メーカーが運転の楽しみを実感してもらいたいという密かな願いなのではないかと考えています。

AT限定免許とボケ防止

 現在では、AT車の普及もあり、AT限定免許で取る人も増えています。教習所に私が通っていた時期は就職前に免許を取ろうとする人が大勢いたため、AT限定の人がワンサカ来てた気がします。男性と女性で差はありますが、全体の約半分はAT限定で取る人だそうです。(私はというと、もちろんMTです。現在の父の愛車135iクーペがMT車のため。)

 最近、高齢者による重大事故のニュースが世間を騒がせていますが、あのような暴走は自分が高齢者になったときに、決して他人事ではないと思うのです。

 自分が高齢者になったときに、ボケ防止としてMT車に乗るという選択をする日が来るかもしれない、そして世間の流れもボケ防止(事故防止)にMT車という流れができるかもしれないと考えています。もしそうなれば、AT限定免許は必要のない時代が来るかもしれないですね。

まさに一石二鳥

MT車に乗り運転を楽しみつつ、自分の運転技能の低下防止にもなる。まさに一石二鳥です。

今まで運転の楽しさに気づいていなかった人も、MT車に乗ることでそれに気づくかもしれないですし、そうなれば車文化の盛り上がりにもつながるかもしれません。

こうしてMT車によって良い方向に世の中の車文化が向かっていけばいいなぁ・・・と考えています。

皆さんも機会があればMT車を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 ↓最後にポチっとして頂けると、毎日更新の励みになりますのでよろしくお願いします!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村