のぶ吉の車日誌

のぶ吉の車日誌へようこそ(⌒∇⌒)車に関する様々なことを緩く書いていきます。

【考察】電気自動車(EV)を買うなら?少し考えてみる。

<

 

増えてきた電気自動車

 街に少し出てみると電気自動車(EV)を見かけることが多くなってきました。

特によく見るのは日産リーフ。都内ではテスラも多く見かけます。

年々厳しくなる世界の環境規制を見ていると、これから電気自動車の時代となるのは間違いないでしょう。

そして開発競争によるコスト削減によりこれから一台当たりの単価はもう少し安くなると考えています。現にこれから発売予定の「ホンダe」は現在出ている電気自動車の価格よりも安くなると言われています。

充電時間とインフラが課題

電気自動車は電気代がガソリン車の燃料代を比べると、電気代の方が安く抑えられるというのは大きいメリットだと考えますが、一方でデメリットもあります。

充電時間がかかるというのはかなりネックでしょう。

満充電にするのに数時間かかるというのが一般的で、急速充電を用いてもガソリン車の給油時間と比べると長い時間かかるようです。

インフラ整備が遅れているというのもネックになります。街中のガソリンスタンドのように充電ステーションが増えてきていますが、広い駐車場の中でも充電できる場所に制限があったり、家での充電ができる環境に無いお家も多いようです。(私の住んでいるアパートの駐車場も電気自動車のことは考えられていないようです。)

急激にインフラが整うことは現実的ではないので、もう少し時間がかかるとみています。

電気自動車を"メインとして"買うならいつか

買うなら「今でしょ!」(ネタが古くてスイマセン)と言えれば良いのですが、残念ながら今は言えません。

なら、どういう環境になれば「買い」なのか(私の独断と偏見で)少し考えてみます。

まず充電環境の向上は第一ですが、車そのものの性能向上も重要でしょう。

現在の一般的なガソリン車は東京から大阪までの約500kmを無給油で走ることが可能であり、電気自動車に置き換えるなら大きなポイントだと考えます。

つまり、メーカー公表値の走行可能距離が700km程度まで上がれば、実走行が7割程度と考えても500km程度走る計算(東京から大阪まで無充電で可能)になり、メインとして安心して使えるでしょう。

そしてカタログ値700km程度の性能を備えている車が300万円程度で買うことができれば、ガソリン車からの乗り換えもよりハードルが低くなると考えます。

よって、現代のガソリン車と同等の走行可能距離を備えた電気自動車が、一般的なガソリン車と同等のお値段で買うことができれば買うタイミングだと言えそうです。

現実的な価格(3,243,240円から)の日産リーフの性能は残念ながらそこまでではなく、後一歩という感触です。

www3.nissan.co.jp

未来の電気自動車に期待してその日を待ちたいと思います。

追記:皆様のコメント、ご意見お待ちしております(^▽^)/

 

 ↓最後にポチっとして頂けると、毎日更新の励みになりますのでよろしくお願いします!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村