のぶ吉の車日誌

のぶ吉の車日誌へようこそ(⌒∇⌒)車に関する様々なことを緩く書いていきます。

【考察】所有車に名前を付ける意義について考えてみる。

<

 

私のM140iの名前は"イチロー"

昨日、私のTwitter(@nobu_alfieri)にて愛車のM140iに名前を付けたことを書きましたが、ブログでも改めて記事にしようと思います。

さて、愛車の名前はイチローですがこれは1シリーズが由来でして、家族で乗っていた130iも同じイチローという名前だったこともあり、それを引き継ぎました。(ちなみに母は独自にベニコという名前で呼んでいましたが、その由来は不明です。)

名前を付ける意義とは

意義があるかないかで考えると、意義があると考えます。

やはり名前を付けることで愛着がわくというのが1番の理由でしょう。名前を付けることで「この個体はただのM140iではない、イチローという名の特別なものなのだ」という特別感に浸ることができます。そして最初よりより一層、愛着がわくのです。

そして、その愛着により、「なるべくきれいに乗ろう」と思ったり、丁寧に整備してあげようという感情が強くなることで、充実したカーライフが送れるのではないかと考えています。

また、こうして車を大切に乗ってあげることで、最後に売却する際に高めの査定となったり、重大な故障を未然に防げるなどのメリットがあると考えられます。こうして考えてみると、名前をつける=自分の財布をお助けする という結果になり、かなりメリットが出てきそうですね。

みなさんもご自身のお車に名前を付けてみませんか?(^▽^)/

 

 ↓最後にポチっとして頂けると、毎日更新の励みになりますのでよろしくお願いします!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村