のぶ吉の車日誌

のぶ吉の車日誌へようこそ(⌒∇⌒)車に関する様々なことを緩く書いていきます。

伝説のBMW M1の新しいカタチ!?PHEVとして生まれ変わるかも。

<

 

PHEVとして復活(かも)

 自動車メーカーはこれからの生き残りのために電気自動車を積極的に市場に投入していますが、BMWも例外ではありません。

BMW M1の復活もその電気自動車への流れに逆らうことはできず、PHEVとして生まれ変わるようです。「BMW VISION M NEXT」として発表された車はBMW M1を思わせるようなシルエットで、2シーター・ミッドシップに2Lターボ直4エンジンを搭載し、2つの電気モータと組み合わされ、合計で591bhpを発生させるようです。0-62mphまでの加速は3.0秒とされ、スーパーカーとしての色が強いようですね。

 

 BMW i8と性格が似ており、両者が兄弟車として開発されるのかまだ詳細は不明ですが、このような形で発表されたことを考えると、M1もしくはi8の後継が開発されているのは確かなようです。

これからのスーパーカーのビジョンはどのメーカーも同じ

 PHEVのスーパーカーとして記憶に新しいのは、「ferrari SF90 Stradale」でしょう。

エンジンとモーターの組み合わせでなんと1000馬力ものパワーを発揮するというモンスターマシンですが、これでフェラーリはPHEVへ舵を大きく切ったと考えてよさそうです。

 フェラーリだけでなくランボルギーニも限定モデルで「LB48」という名前と思われるPHEVを開発中という噂ですし、マクラーレンも「スピードテール」というハイブリッドモデルを発表しています。

 世界中で排ガス規制が厳しくなるなか、さらなるパワーアップなどを考えると、電気モーターの力を合わせるのが最も現実的とメーカーが判断しているのでしょう。

純粋なガソリンモデルはかなり少なくなる

 これからのハイスペックマシンを考えるとき、純粋なガソリンモデルの発表はかなり少ないと考えていいかもしれません。これはもっと一般的な車にも言えることであり、純粋な新型ガソリンモデルはこれからますます少なくなっていくでしょう。今回のBMWの発表で今のうちに純粋なガソリンモデルを楽しんでおきたいと改めて思いました。

 BMWファンとしてM1の復活は楽しみですし、気長に待ちたいと思います!

 

 ↓最後にポチっとして頂けると、ブログ更新の励みになりますのでよろしくお願いします!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村