のぶ吉の車日誌

のぶ吉の車日誌へようこそ(⌒∇⌒)車に関する様々なことを緩く書いていきます。

【燃費】ハイブリッド車は本当にお得なのか?カローラスポーツを使って、コスパについて考えてみる。

<

 

どこもかしこもハイブリッド

 今や公道を走っている車はハイブリッド車だらけです。トヨタのプリウスを皮切りに、ありとあらゆる車種にハイブリッドモデルの設定がされており、実際に売れています。爆発的に売れた理由は、モーターを使用することによって大幅な燃費向上を果たし、大きなセールスポイントが生まれただけではなく、税金の免除などの公的な後押しもあったことが挙げられるでしょう。

ハイブリッドの利点はやはり燃費です。モーターアシストによる効果は抜群で、ストップアンドゴーが多い日本では、とても適していると言えるでしょう。

 しかし、本当にハイブリッド車は車の購入を考えるにあたって、良い選択と言えるのでしょうか?この記事ではサラっと軽めに検証してみたいと思います。

ハイブリッド車は高い。

一言でハイブリッド車といっても様々なメーカーの様々な車種が存在します。

今回は私が実際に購入を検討したトヨタカローラスポーツを使って考えてみたいと思います。カローラスポーツの詳細はこちらから↓

トヨタ カローラ スポーツ | 価格・グレード | トヨタ自動車WEBサイト

 簡単にまとめると、グレードは3種類展開であり、それぞれのグレードにハイブリッドの設定がアリ。ガソリン車はすべて1.2Lモデル(ターボ)で2駆か4駆の選択が可能で、ハイブリッドになると、1.8Lにモーターが付いてきます。(こちらは2駆のみ)

それぞれのグレードでの価格差は約30万円と、ほぼ変わらず。

今回の検証では一番グレードの高いGZを使います。

ハイブリッドGZの価格は2,689,200円 ターボモデルは2,386,800円(2駆)となっており、価格差は302,400円となります。 

燃費が良い代わりに30万円高い・・・つまり購入してからの走行で、その30万円の差を埋め、ガソリンモデルよりお得にするには燃費の差による燃料代で埋める方法が現実的でしょう。

いよいよ本題です。

本格的な検証の前にエコカー減税を忘れてはいけません。

トヨタ カローラ スポーツ | エコカー対象グレード | トヨタ自動車WEBサイト

トヨタの公式サイトによると検証に使うカローラハイブリッドGZの場合、新車登録時に119,200円もの優遇が受けられるそうです。そのため、いざ購入した場合、ガソリンモデルとの差は約18万円にまで縮まるようです。

 

ではこの18万円を埋めるためにはどれくらい走行しなければいけないのでしょうか。

ここで2つの燃費情報です。(WLTCモード)

ハイブリッドGZ・・・25.6/L

ガソリンモデルGZ・・15.2/L

そして現在のレギュラーガソリン価格(私の近所のガソリンスタンド価格)135円を使います。

この情報をもとに、計算すると・・・約5万キロを走らなければ、燃料代で18万円のモトを取ることはできません。

ハイブリッドGZ・・・5万キロ÷25.6=1953L 1953L×135円/L=263,671円

ガソリンモデルGZ・・5万キロ÷15.2=3289L 3289L×135円/L=444,015円

                       (小数点以下切り捨て)

その差は約18万円となります。

まとめると・・・

今回の結果は5万キロ走行でハイブリッドの方がお得になる、という結果になりました。1年に1万キロ走行しても5年で達成可能なため、ハイブリッドを選ぶという選択は賢い選択と言えるでしょう。

しかし、これは単純な比較であり、ほかのこと(オプションやグレードの差)を考慮していないのを忘れてはいけません。

実際は、購入の際にオプションを付けることも考えられますし、グレードの違いによっては、5万キロ以上走らなければいけない可能性も考えられます。また、これから車関係の税金制度が変更される点も注意しなければなりません。

 ですが、カローラスポーツと同じくらいの価格の車種に、ハイブリッドとガソリンの両方が設定されている場合、価格差はそこまで大きくないので、ハイブリッドを選んだ方が有利なのはほぼ間違いないでしょう。

 

 ハイブリッドを買う場合は、どれくらい走行すれば、ガソリンモデルよりもお得になるのか、それぞれの使い方(通勤なのか、週末だけなのかなど)なども含めて総合的に判断することをお勧めしたします。

 

 ↓最後にポチっとして頂けると、ブログ更新の励みになりますのでよろしくお願いします!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村